台湾 台北 夜も楽しめる

旅行

台湾 台北 夜も楽しめる

国立故宮博物院

歴史に翻弄されたお宝の数々が並ぶ世界一の中国美術工芸コレクションとして名高いここ故宮博物院は、フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと並んで世界四大博物館の1つにも数えられています。故宮博物院には、およそ70万点近くの収蔵品があると言われていますが、常時展示している品は、6000~8000点。特に有名な宝物数百点を除いては、3~6カ月おきに、展示品を入れ替えているため、すべてを見て回るには、10年以上はかかると言われています。

出典 http://www.taipeinavi.com

展覧館 年中無休
通常開院時間:午前8時30分~午後6時30分。
夜間開院時間:金曜、土曜日午後6時30分~9時

夜も楽しめるようになりました

空いててゆっくりみれます

たくさんの貴重な展示品、もっと時間を取ればよかったと反省です

少し予習をして、見たいものを絞った方がいいですね

色々な思いで運ばれてきた財産を大切にしている思いが伝わります

展示品の入れ替えも定期的にあるようです

台湾を訪れるたびに来て見たいですね

翠玉白菜

天然の翡翠と玉の混ざり具合を巧みに利用した繊細な彫刻で、翠玉巧彫の最高傑作と言われています。白菜の上にとまっている虫ですが、実はこの2匹は、多産を象徴するキリギリスとイナゴ。この作品は、紫禁城内の永和殿に安置されていたものですが、そこは光緒帝の妃であった瑾妃の寝宮であったことから、清らかさを象徴し、多産を願う瑾妃の嫁入り道具だったのではないかと推測されています。

出典 http://www.taipeinavi.com

肉形石

おいしそうな赤身と脂身の混じった「肉形石」は、「東坡肉(豚の角煮)」にそっくり。瑪瑙類の鉱物は、長い年月の中で雑物の影響を受け、異なる色が生成され一層ごとに違った色あいが現れます。職人は、豊かな質感を持つ石材を加工し、磨いて表層面を染色。その結果、皮、脂身、赤身肉がくっきりと分かれ、毛穴や肉の質感いずれも真に迫った作品に仕上がっています。

出典 http://www.taipeinavi.com

士林夜市

とても賑わってます

食べ物、お土産品、小物等々

デザインが面白いので小物がオススメです

危ない経験はありませんでしたが貴重品はしっかり管理しましょう

値切ってのお買い物は当然のこと

お得な商品を見つけて楽しんでくださいね

移動はタクシーを使いました

いいドライバーばかりでしたが全てがいいドライバーではなさそうなので

気をつけてください

Wi-Fi申し込み忘れずに

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ